キラカナのーと。
My Natural Garden & Cafe
お役立ち情報

子育てって大変!ママのイライラを減らし、育児を楽しくする方法!

こんにちは、kanaです。

皆さんは、子どものどんな行動にイライラしますか?

例えば公園で遊んでいて、帰る時間になっても帰らない、危ないことを辞めてと言っても何度もやるなど困った経験はありませんか?

困った行動をとる我が子にイライラしちゃいますよね!

私は毎日イライラしてました。

今回は、本当にイライラばかりして育児って大変!としか思えなかった私が、育児を楽しめるようになった方法をご紹介したいと思います。

 

子どもはなぜ、大人の困ることばかりするの?

私は何度も経験していますが、子どもってダメ!と言ったことをやるんですよね。

ママからすると、危ないからやめてほしい、散らかるからやめてほしい。

それなのに辞めてくれない子どもにイライラしちゃうんですよね。

なぜイライラしてしまうのかというと、それはママの思い込みが原因かもしれません。

少し考え方を変えてみると、イライラせずに楽になるかもしれませんよ。

子どもの行動にイライラしちゃうママ、「子どもは悪いことしかしない」という思い込みはありませんか?

私は、何をやっても困った行動ばかりする子どもたちをみて「きっと私の育て方が間違っていたんだ」と自分を責めて、悲しくなって、じゃあ何が正解なのか…と出口の見えないトンネルにいるような気分になったことが何度もあります。

私が読みあさった育児書のなかに「子どものやりたい事は、何でもさせてあげましょう」と書いてあるものがありました。

当時の私は、そんな事したら悪いことしかしないじゃん!!!と反抗的な気持ちになったのを覚えています。

それぐらい、子どもたちは「悪いことしかしない」というフィルターを通して見ていたのですね。

「子どものやりたい事は、何でもさせてあげましょう」と書いてあるものがありましたとお伝えしましたが、もちろん全てやらせてあげる訳ではありません。

危険を伴うこと、人に迷惑をかけることは説明した上でしっかり辞めさせるように書いてありましたよ。

その本によると、子どもは何度も何度も挑戦することで、その行動で伸びる能力を伸ばしているようなのです。

ティッシュを箱から永遠に出し続けたり、食事中に立ち上がったり、高いところからジャンプしてみたり、大人から見れば困った行動でしかないことが、子どもにとっては指先の運動や、立ち上がる動き、ジャンプ力を必死に伸ばそうとしている最中ということです。

子どもにとっては必死に成長しようとしているところを、途中で止められたりしたらそれは納得できないですよね。

止められても挑戦する。

だから子どもは成長できるんですね。

 

イライラを減らすためのママの行動は?

子どもの困った行動にイライラすることがあれば、まずは自分の思い込みを外して考え方を変えてみましょう!

例えば、

また畳んだ服をタンスから引っ張り出している。

片付けるのが大変→

掴んで離す指先の運動をしているんだな。

 

また階段をよじ登っている。

落ちたら危ないな→

全身の筋肉を使って、運動能力を高めているんだな。

このようにママが困ったなと思うことがあれば、すぐに辞めさるのではなく、どうしてこんなことするのかな?と理由を一度考えて、想像してみて下さい。

子どもの行動の理由が想像できれば、次はその行動を見守ってみて下さい。

危ないからとすぐに辞めさせていた時とは違い、「この子は今この能力を高めたいんだ、頑張れ頑張れ」と応援したい気持ちになりますよ。

 

まとめ

今回は、子育てのイライラを軽減する、ママの行動についてお伝えしました。

まずはママの思い込みをなくして、本当に困った行動かな?と疑ってみて下さい。

子どもの立場になって、子どもの見る世界、感じている感情などが想像できるようになると、子どもに共感できて子育てがとっても楽しいものになると思います。

子どもの困った行動に悩んでいるママ、ぜひこの投稿を参考にしてみて下さいね!

 

 

[ad01]