キラカナのーと。
My Natural Garden & Cafe
お役立ち情報

子育て中のイライラの原因は○○だった!上手なイライラとの付き合い方も解説!

こんにちは、kanaです。

突然ですが、皆さん子育て中のイライラの原因ってご存知ですか?
子育てをしているとイライラはつきものですよね。
今回はこの育児中のイライラの正体についてお話ししたいと思います。

子育て中のイライラの原因って何?

私は、コロナの自粛期間中に育児休業中だったこともあり、保育園に子どもたちを預けることができず、当時5歳の長男と、3歳の次男、1歳前の長女をおうちで一人でみていました。しかも三男を妊娠中で、7ヶ月でした。

今思い出すだけでもゾッとしますが、当時はいかに子どもたちを飽きさせることなく一日を終わらせるか、というミッションを課せられたようで、毎日憂鬱だったことを覚えています。

コロナ自粛期間なので、もちろんスーパーや、公園すらも行ってはいけないような空気があり、おでかけと言えばおうちのお庭。

100円ショップでおうちで遊べる粘土や、パズル、迷路の本などを買いあさり、午前中はそのおもちゃで遊び、お昼はお庭で走り回るという毎日でした。時間が過ぎるのが長いこと!もちろん、子ども達とずっと一緒なので自分の時間と言ったらトイレの時ぐらいでした。

私は、大きなお腹で1歳前の長女を連れてお庭に行くのも一苦労でした。長男と次男は口を開けば「外にでたい」「ゲームがしたい」と言います。イライラが溜まってつい、「さっきゲームしたでしょ!!!」「なんでお母さんの言うことが聞けないの!」と怒鳴ってばかりでした。どうしてうちの子は悪いことばかりするんだろう、私が困ることばかりするのだろう。と子どもはかわいいはずなのに、そう思えない自分がダメな母親だと自分を責めていました。

皆さんもきっと、コロナの影響で、いつもと違う日常にストレスが溜まり、余計にイライラすることが増えたのではないでしょうか?私と同じように子どもをかわいいと思えないっていうこと、経験したことはないですか?

ここで私がお伝えしたいことは、子どもが原因でイライラしているのではないと言うことです。実は、子育て中のイライラは、ママに原因があるのです。
どういうこと?と思いますよね。毎日頑張っているのになんで私に原因があるの?と思いますよね。
そうなんです。私も初めてこれを聞いたときは目からうろこでした。

どういうことかと言うと、例えば子どもがコップに入れたお茶を床にこぼしてしまったという出来事が起きたとします。同じ出来事でも、子どもに対してすごく怒ってしまった日や、逆に「大丈夫?」と優しく声をかけることができた日ってありませんか?

これは何の違いかと言うと、ママが頑張りすぎてしまっているか、そうでないかの違いです。分かりやすく言うとママが我慢をしているか、そうでないかと言うこと ですね。

ママも人間ですので、我慢ばかりではイライラも溜まります。そして子どもに必要以上に怒ってしまうことに繋がります。子どものためを思って我慢してきたのに、そのせいで子どもに優しくできないなんて本末転倒ですよね。ではどうすればこのイライラを止められるのでしょうか。それは、ママが自分に優しくするということです。

育児中のイライラとうまく付き合うためのコツは?

世の中のママたちは、自分の子どもがかわいいが故に、子どもを優先にし、ママは後回し、我慢している方が多いのではないのでしょうか。それが当たり前になって、自分が我慢していることに気がつかないということは、よくあります。もし、自分がイライラしてるな、と感じたら、ぜひ自分に対して「頑張っているね、大変だったね、悲しかったよね。」と優しい言葉をかけてあげて下さい。そして自分はなぜイライラしているのかを考えてみて下さい。

先程の例で言うと、お茶おこぼされて拭くのが面倒だからとか、お気に入りのソファが濡れたからというのも理由の一つにあるかもしれませんが、その前に、自分が我慢していることは何かな?と考えるのです。

例えば、今日は子どもがお昼寝中に、ドラマの続きを見たかったのに昼寝をしてくれなくて見れなかったとか、子どもがお友達と喧嘩をして友達を叩いてしまって、申し訳ない気持ちになって落ち込んだとかです。

自分の思い通りにならないことがあると、それが原因でイライラしてしまうんですね。

もし、つい子どもに怒鳴ってしまうことがあれば、なぜイライラしているのかを子どもに説明してあげるといいと思います。

「ごめんね、お母さんちょっと嫌なことがあったからイライラしてたんだ。○○ちゃんは悪くないよ。○○ちゃん大好きだからね。大きな声出しちゃってごめんね。」

そう説明すれば、子どももちゃんと理解してくれますよ。

そして家庭環境が許せばですが、少しパパに子どもをみてもらって30分でもひとりの時間を過ごすとか、やりたいことをやってみるとか、わがままを言ってみて下さい。ママが機嫌がいいことが家庭がハッピーになる秘訣ですよ!

まとめ

さて、今回は育児中のイライラについてお話ししてきましたがどうでしたか?
私は子どものすることひとつひとつが正しいかどうかをジャッヂし、間違っていたらすぐに怒鳴っていた時期もありました。その時って自分も子どももしんどいんですよね。
ママたちは少し肩の力をぬいて、自分に優しくする、自分の機嫌をとる、ということを意識してほしいと思います。
また、子どもたちにも、イライラしている今の自分の状況を伝えることで信頼関係がより深まりますので、ぜひ、イライラしてしまったときはこの投稿を思い出して実践してみて下さいね。

[ad01]