キラカナのーと。
My Natural Garden & Cafe
お役立ち情報

時短の決めては○○!家事を楽にするワーキングマザーの時短術!

こんにちは、kanaです。

最近流行りのワードといえば、やはり時短ですよね!世の中は男女関係なく働きに出る世帯が増えていますし、無駄を省いていかに家事を短く終わらせるかということに重きを置かれていますよね。もちろん共働き世帯だけでなく、趣味に時間を割きたい方や、子どもとの時間を多く取りたい方にも時短でやるべき事を終わらせられることは価値のあることですよね。今回は私がワーキングマザー時代の経験を踏まえて、時短の方法についてお伝えしようと思います。

ワーキングマザーは時間が命!

私は、3年前に2人の幼い子どもを育てながら、看護師として働いていた経験があります。
子育てをされている方はお分かりだとは思いますが、子どもがいると、なんせやるべきことがはかどりません!
朝から晩まで働いて、帰ってきてから、さて料理をしようと思えば、「お母さん、これ読んで~」と本を持って来たり、足元で抱っこしてとワンワン泣いていたり。子どもたちも保育園で頑張ってきていますから、ママに甘えたいのは当たり前ですよね。
そんな子どもたちの相手をしながら夕食を作り、一緒にご飯を食べて、お風呂に入れて、歯磨きをして、寝かしつけ。
私は子どもたちが寝静まったあとに、洗濯物を干していました。そして保育園からの手紙などに目を通し、職場や保育園に提出する書類を仕上げたりしていました。

掃除は気になったらダイソンで適当に掃除機をかける程度。かけたらましな方、掃除は基本的にまとめて土日の休みの日にやっていました。
ワーキングマザーの方は、休日もさらに忙しいですよね。我が家は保育園で使用してる布団を持ち帰ってくるので、それを洗濯したり、干したりするだけで重労働だし時間がかかります。休日はお昼ご飯も作らないといけないですし、気づいたら午前中が終わっているなんて日常茶飯事でした。ちなみに主人は基本的に平日がお休みなので、保育園がお休みの土日は主人がいないのが当たり前、常にワンオペで家事、育児をやっていました。子どもたちと遊んであげていない!と罪悪感を抱いたことも何度もありますよ。
そこで私は、これではいけないと思い時短を意識するようになったのです。

時短をかなえる最短の方法は?

まず、時短のためには効率化が重要です!さて、掃除機をかけようと思ったときに、たたんでいない洗濯物の山があったり、子どもたちが散らかしたおもちゃが床に散乱しているとどうでしょう。掃除機をかける気もなくなるし、かけ始めたところで、荷物をどける作業が追加されて時間がかかりますよね。
料理をするときに、昨日洗い忘れたまな板を洗うところからスタートだったり、野菜を炒めるときに油を棚から取り出して、菜箸を自分の背中側の別の引き出しから取り出して、と自分の動きに無駄が多く、時間がかかりますよね。
これらはかつての私の姿です。現状をよくするために、少しずつ整理整頓を進めていきました。
子どもたちの片づけがしやすいように、おもちゃの量を減らし、おもちゃを簡単に分類できるような箱を準備しました。そして掃除機をかける前には、子どもたちに声をかけ、一緒にお片づけをします。床に何もない状態だと掃除機がとってもかけやすいし、不思議なことに掃除機かけとこうか、という気持ちになるんです。
キッチンは主婦の城とも言いますから、少しずつ、自分の使いやすいキッチンにアップデートしていくことをおすすめします。動線を考えて、コンロの下には鍋やフライパン、菜箸、油。シンクの下には、まな板、包丁、ボウルなど、使う場所に使うものを置いておくだけで無駄な動きを省くことができますよね。家事の効率化を図るためには、整理整頓がとっても重要なんです。

まとめ

ワーキングマザー時代の私の経験を踏まえて、時短についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。毎日忙しい毎日を過ごしているママの皆さん、本当にお疲れ様です。時短のためにはまず整理整頓とお伝えしましたが、そんな時間がない!と思われた方もいると思います。私もそうでしたから。少しの時間でいいのでここがなんか使いにくいと感じる部分を一つ、使いやすいようにものの配置を考えてみてください。それだけで使いやすさがアップし、家事の向き合い方も変わってくると思うので、ぜひ試してみてくださいね。

[ad01]