キラカナのーと。
My Natural Garden & Cafe
お役立ち情報

クリスマスの飾りはいつから?正月飾りの時期も解説!

こんにちは、kanaです。

11月に入り、最近は肌寒い日も増えてきましたね。

ハロウィンも終わり次はそろそろクリスマス!

スーパーなどでは10月を過ぎたあたりからクリスマスケーキのポスターやパンフレットをを見かけたりして、もうそんな時期かーと、いつもしみじみしてしまいます。

クリスマスといえばプレゼントを準備したり、ごちそうやケーキを食べたり、みんながワクワクするイベントですよね!

毎年、この時期になるとクリスマスの飾りをいつ飾ろうか悩んでしまいます。

ちなみに我が家はまだハロウィンのジャックオーランタンがリビングに飾られています(笑)

皆さんも、季節の装飾について一度は悩まれたことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は「クリスマスの飾りはいつから?正月飾りの時期も解説!」と題しまして、クリスマスやお正月の飾りについてお伝えしたいと思います。

クリスマスの飾りはいつから飾る?早すぎると恥ずかしい?

さて、そろそろクリスマス!という時期ですが、みなさんはいつごろからクリスマスのツリーやリースを出していますか?

我が家は12月に入ったぐらいでしょうか。

もちろん決まりはないのですが、クリスマスツリーは、家の中であれば人の目につきにくいので、早めに出していても恥ずかしくないのですが、玄関扉にリースを飾るとなると近所の人の目も気になって、いったいいつ出すのが妥当なんだろうと考えてしまいますよね。

私はマイホームを買って初めてのクリスマスを迎えるころ、ハロウィンも終わったし、と思い11月の初めあたりから張り切ってクリスマスの飾りつけをしたところ、周りのおうちは全然で…ちょっと恥ずかった記憶があります(笑)

でも、クリスマスの飾りつけってとってもワクワクするので早く出したいと思っちゃうんですよね!

家族みんなでわいわいクリスマスツリーの飾りつけをするのが毎年の楽しみなんです。

話はそれましたが、本題のクリスマスの飾りつけはいつからがいいのか?

アドベントの期間が妥当!12月に入ってからがいいかも!

クリスマスの本場といえば、キリスト教徒の多いヨーロッパやアメリカですね。

まず、クリスマスとはイエス・キリストの誕生日をお祝いする日であるのはお存知の方も多いと思います。

本当のイエス・キリストの誕生日は不明のようなのですが、12月の25日がその誕生日とされて、キリストの誕生を思い起こす日ということで世界中のキリスト教徒からお祝いされています。

ヨーロッパやアメリカではクリスマスの準備期間「アドベント」という期間があるようです。

最近ではアドベントカレンダーというものが日本でも定着してきましたよね。

これは日本語では「待降節(たいこうせつ)」と言われ、キリストの降誕を待ち望む期間であるとされています。

このアドベントの始まりは12月25日(クリスマス)の4つ前の日曜日から、12月24日(クリスマスイブ)までの期間のことを指しています。

また、11月30日に最も近い日曜日から12月24日(クリスマスイブ)までの期間ともいわれているようです。

ということは、今年2020年でいうと、11月29日からということになりますね。

日本では、キリスト教徒の方ではない限り、クリスマスの飾りを出す日について、そこまでこだわることはないと思うのですが、大体目安としては12月に入ってから、という認識でいるといいかもしれません。

正月飾りはいつ飾るのが良い?

クリスマスの飾りについてお話ししてきましたが、クリスマスが終わると、次は一気にお正月ムードですよね!

クリスマスリースを玄関扉に飾ったはいいけど、しまうのはいつなんでしょう?

また、正月飾りはいつ飾るのがいいのかご存知ですか?

わいわい家族で飾ったクリスマスツリー、直すのはとっても億劫ですよね(笑)

私は、ごちそうを食べたり、プレゼントを子どもたちに渡したり、楽しい楽しいクリスマスが終わるとなんだか寂しい気持ちと、次はお正月の準備!と思い、気持ちが少し焦ります。

正月飾りは12月13日以降ならOK!

お正月に向けての飾りについては、「正月事始め」とされている12月13日以降であれば飾ってもよいとされているようです。

12月13日は何をするにも大吉!とされており、歳神様を迎える準備をするにあたり良い日とされてきたようです。

一番良いのは12月28日!

では、正月飾りを出すのに適した日はいつかというと、12月28日がよいとされています。

これは「八」が末広がりで縁起が良いとされているからだそうです。

避けた方が良い日は?

ただ、避けた方が良い日もあります。

12月29日は「九(苦)が付く」「二重苦」と言われ避けた方が良いとされています。

また12月31日(大晦日)も避けた方が良いです。

1日しか飾れないことから「一夜飾り」と言われ、神様が降りてくるための目印である正月飾りを1日しか飾らないことは、神様に対して失礼であるという考え方からのようですよ。

まとめ

さて、「クリスマスの飾りはいつから?正月飾りの時期も解説!」と題してクリスマスから年末年始の飾りを出す時期についてお話してきました。

毎年疑問に思う飾りを出す時期について、詳しく調べてみるとといろんな意味や理由があっておもしろいですね。

これから冬が始まりワクワクするイベントが盛りだくさん!

イベントごとの飾りつけ、意味を考えて飾るのも楽しいかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

[ad01]